貯金豆知識!知っておいたほうがいい貯金のコツ » アーカイブ

お金を減らさないための考え方

読了までの目安時間:約 3分

物を購入するためにはお金が必要ですが、購入する前にそれが本当に必要なものなのかどうか考えるだけで一月分の残金に大きく変化があるものです。

物が必要=その物が無いと困る場合であって、「あると嬉しいな」程度の物ならば我慢してみましょう。

そのためにまず、家の中にある不用品を思い出してみると良いでしょう。

ダイエットのために買った器具なのに、結局あまり使わないまま邪魔になって物置にしまいこむなんて話はよくあります。

珍しい食材だからと試しに買ってみたら、結局少し使っただけで余らせてしまうなんてことも少なくありません。

買った後の自分の行動を想像するというのは毎回できるものではないですが、少し落ち着いて考えることで無駄な買い物というのは大幅に減少できるものなのです。

本人にとって命よりも大切だというくらいの物であれば、それは必要な物でしょう。

しかし大抵の人にとってそこまで重要な物というのはあまり沢山は無いはずです。

例えば婚約指輪や結婚指輪などは一生涯大切にする宝物ですよね。

ですが、おしゃれのためのアクセサリーに関しては、沢山持つのはお金に余裕がある人がやるべきことであり、平凡な家庭の主婦にとって何万もする物を月にいくつも購入するのは間違っています。

良い例として、結婚記念日などに夫が妻に贈るなどの場合は日頃の感謝の気持ちなどもあり、有意義なお金の使い方と言えるでしょう。

普段から贅沢な食材で贅沢な食卓にするよりも、何かの記念日に普段我慢している分少し贅沢をしたり、外食をしたりというのも良いお金の使い方です。

何でもない普通の日に、ただ「欲しいから」という理由で高価な買い物をするのは、賢い選択とは言えないのです。

食材を購入する際も、必要な食材を予めメモして行けば余計なものは買わずに済みます。

欲しい物があれば目標を決めて、毎月少しずつ貯金をして貯まってから購入すれば嬉しさもひとしおです。

本当に欲しい物でない場合は途中で「これはいらないかも」と気付くため、貯めた分がそのまま貯金として残ります。

日頃から、「今欲しいものがあるが、これは将来的にも必要なものか?」というのを考えて、購入前によく考えると無駄遣いは無くなり、結果的に貯金額が増えていく結果に繋がるのです。

スリムフォーはこちらから。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報