貯金豆知識!知っておいたほうがいい貯金のコツ » Uncategorized » 会社からの収入以外に複数の収入源がありますとイザと言う時に役に立ちます

会社からの収入以外に複数の収入源がありますとイザと言う時に役に立ちます

読了までの目安時間:約 3分

サラリーマンにとっての収入源は、給料が最大の生命線ではないのでしょうか。

しかし、会社の業績が傾いたりして経営が赤字に陥ったりしますと、従業員の給料カットや、そして、
リストラの対象になってしまうことが日常的に起こり得ます。その他には、一日の大半を会社での労働時間に費やしてしまうことも珍しくなく、
何のために人生を送っているのかふと頭の中をよぎってしまうことも。
 
最新号のビジネス雑誌を読んでいましたら、実に4人に3人の割合以上で会社を辞めたいと思ったことがある集計結果を目にしました。

日本人会社で働いていますと、思うように有給休暇や連続休暇を取る事が難しくて、複雑な人間関係に疲れてしまい辞めたいなと思う事は、
一個人としては正常な反応でもあり辞めたいのもムリな話ではないのでしょうか。
 
そのような境遇の中、会社での給料以外に複数の収入源を持っていたりしますと、万が一、会社からの給料がカットされた時にも
対応が出来ますので、誰にでも起こりゆるリスクの分散にもなります。

手っ取り早い収入源の確保は、在宅しながらも作業が出来るインターネットを利用した副業であり、
ちょっとしたコツを掴めば誰にでも月3~4万円の収入が確保できたりもしますし、
この収入源が将来的に必要な生活の種にもなったりしますので、影響力はあります。
その他の副業には、1日限りのイベントなどの単発アルバイトがあったりします。
やる気さえあればもっと収入を伸ばすことが出来るのが、副業の最大の魅力ではないのでしょうか。
計画的に副業をすれば、将来的には会社の収入に依存しないで生活できる事も出来たりもしますし、自分の時間を確保する事にも繋がります。
 
私も、現在働いてる仕事に対しては正直遣り甲斐が感じられなく、数年後に会社を辞めても生計が建てられるように
計画的に準備をしている段階ではあります。

副業の何よりの魅力は、周りに流されずに自分のペースで仕事が出来ますし、
日本人組織で働くサラリーマンにありがちな長時間労働や人間関係のストレスとはほぼ無縁なのが魅力的ですね。
副業をする目的には、色々あるかと思いますか、複数の小川(収入源)が複数ありますとやがてそれらが
ダムのように大きくなる可能性を秘めていますよ。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: