貯金豆知識!知っておいたほうがいい貯金のコツ » Uncategorized » 経済的な自立こそが大人になるということ

経済的な自立こそが大人になるということ

読了までの目安時間:約 3分

子供が小学校、中学校、高校と大きくなり、その子なりの最終学歴を終えたとき大人になるとは具体的にはどういう事なのでしょうか。
それはやはり、「経済的に自立する」という事でしょう。

子供にとってみれば、生まれた時から住んでいる家、当たり前の様に出されていた食事に値段をつける事などなかったかもしれません。
しかし学生という身分を卒業したとき、自分で働いて得たお金で生活する、という大前提を親は教えなければなりません。

親に充分な収入があり、子供の就職活動がうまくいかなくなったりした場合、ついつい「実家にいればお金をかけずに生活できる」とか、
「もう少し自由な時間を満喫したい」などと定職につかない子供を容認してしまうと、いつまでもアルバイトなどの不安定な身分のまま
歳を取ってしまいいかねません。

問題なのは、親は先に死んでしまうということです。親の収入はいつまでもあるわけではないという事を、
親も子供も早くから自覚するべきなのです。

小さい子供の頃の感覚のまま養っていれば、親が若く稼げる内は親子関係はうまくいくかもしれません。
中々自立しようとしない子供に「働け」という話を具体的にしないことは、親も子供も自分の首を絞めることに繋がっているのです。
親が収入を失った時、自分で生活する苦労を知らないまま歳を取ってしまった子供とその親は共倒れになってしまいます。

一人暮らしをするとどれくらいのお金が必要になるのかもいい経験になります。実家にずっといることが、
親にとってどれ程の負担になるのか、という事は自分で家事の全てを経験すると少しはわかるかもしれません。

実家暮らしで経済的に自立するということは、住居や食事を提供してもらう対価を支払わせる事、生活のルールを守らせる事。
親子であっても、避けることなくきちんと話をして約束をすることは、子供の状況次第では非常に見えるかもしれません。
しかし、自分でお金を稼ぎ、自分の力で生きて行けるように導くことが、親の最後の、そして最大の仕事なのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: